有酸素運動と無酸素運動

フィットネスとしての有酸素運動と無酸素運動の違いについて見てみましょう。

フィットネスとしての 有酸素運動と無酸素運動

運動は“無酸素運動”と“有酸素運動”とに大きく分けることができます。この有酸素運動、無酸素運動とは何でしょうか。

無酸素運動とは、エネルギーを生み出すのに基本的に酸素を必要としない運動のことで、筋肉中のグリコーゲンを燃焼させることによって、パワーを生み出します。

スクワット、腕立て伏せ、ウエイトトレーニングなどの激しい運動がこの無酸素運動に当たります。

一方、有酸素運動とは、酸素を十分に取り入れ、その酸素によって、体内の脂肪を燃焼させてエネルギーを発生させる運動のことです。

ウオーキングやジョギング、サイクリングなどがこれに当たり、負荷の低い運動を長時間続けるという特徴があります。

脂肪を燃焼させる有酸素運動は、生活習慣病の予防にもなるということから、“フィットネス”として近年マスコミなどで大きく取り上げられるようになりました。

フィットネスということで、ウオーキングなどを始める人が増えてきていますね。 このウオーキングは、マスコミなどでよく、健康によい“有酸素運動”として取り上げられていますが、もちろん無酸素運動も、筋力をつけ体力をアップさせるという点では“フィットネス”ともいえるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です