フィットネスの歴史

フィットネスの 始まり

日本でフィットネスが行われるようになったのは、1964年の東京オリンピックの後。全国各地でスイミングを愛する選手や指導者らが個別に「スイミング指導」を行ったのが始まり。

現在国内最大手のピープルや、二番手のセントラルスポーツ株式会社(以下、セントラルスポーツという)をはじめ、多くの企業がスイミングスクールから事業をスタートさせている。

1969年、セントラルスポーツがオープン。

1971年、ダイエーレジャーランド(ダイエーオリンピックスポーツクラブの前身)がオープン。

1973年、NASがオープン。

1974年、ピープルがスイミングスクール1号店をオープン。

1976年、セントラルスポーツも自社所有のスイミングスクール施設を開設。

★これらの先行企業を中心にスイミングスクール業界は急速に拡大していった。

フィットネス クラブの誕生

このスイミングスクール人気と時を同じくして、日本には一連のスポーツブームが起こっていた。多くは米国の文化に習ったもので、ジョギングブーム、ジャズダンスブーム、テニスブームと続いた。

1981年、ケネス・クーパー氏が来日し、”エアロビクス”の言葉が広がる。

1982年、原宿にスタジオNAFAがオープン。

★これを機に若い女性を中心にエアロビクス(ダンス)ブームが起こった。

1983年セントラルスポーツの「ウィルセントラルフィットネスクラブ新橋」オープン。

★米国のフィットネスは、部分的に日本に持ち込まれていったが、これらをひとつのクラブとして統合し、日本で初めて「フィットネスクラブ」の名を冠して開業した。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です